スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  --.--.--

100首 2009

CoM0 TrB0
001:笑
 ミズクラゲぷかりぷかりと笑うけど許しを請うているわけじゃない
002:一日
 生きている。うまれるいたみ産む痛み。一日おきに食べる鶏卵。
003:助
 (自分の身くらい自分で守れます)いざ。助太刀は無用でござる
004:ひだまり
 春風が頬をくすぐるひだまりにきみのきれいなニキビを潰す
005:調
 調べ物しているきみの指先の脂が紙に吸われささめく
006:水玉
 永遠にうつくしくあれ 水玉に閉じ込められた蜻蛉のように
007:ランチ
 春まだき温みはじめた土に触れ地球育ちのランチを食べる
008:飾
 胸元の飾り釦に触れながら六花を淡く溶かす舌先
009:ふわふわ
 マシュマロonココアふわふわ冬の日の魔法パジャマのままのわたしに
010:街
 言いさしたことばが街の灯となってあなたの夢を導くのなら
011:嫉妬
 切先を軟き果肉に滑らせて果物ナイフにすら嫉妬する
012:達
 達磨さん子守をちょっと頼みます わたしは生まれなおしてきます
013:カタカナ
 カタカナが発見されて冬の日のポマト正しく光りはじめる
014:煮
 酸いリンゴ煮含めながら読む本は(焦がさぬように)カラメルの色
015:型
 型紙のとおりに切ったはずなのに服にならない雲がたなびく
016:Uターン
 UターンIターンQターンXターン それぞれの靴
017:解
 解放を望んでいない牛たちをそっとしといてあげてください
018:格差
 迷ひ鳥 行けど戻れどうすらひの格差社会の広がるばかり
019:ノート
 追い討ちのようにノートを押し付けた言葉を武器とする人の影
020:貧
 貧すれど日々は美し 食パンの耳に砂糖をまぶして齧る
021:くちばし
 くちばしの大きな鳥に嫁ぐ日や三つの光鳴き交わしたり
022:職
 藪医者がレモンケーキを切り分けて「職業病の処方だ」と言う
023:シャツ
 あのひとの夢を見るためきぬぎぬの少し大きなシャツを羽織って
024:天ぷら
 平成の百鬼夜行を先導す天ぷら油で走るトラック
025:氷
 製氷機のプラスティックの真四角にひいやりとした白だしがある
026:コンビニ
 コンビニのインスタントな風船に空気をいれてもらうレジ脇
027:既
 春霞 既読のフォルダ重たくてこのまま消えてしまいたくなる
028:透明
 マンションの高層階から飛び降りた透明人間たちの靴下
029:くしゃくしゃ
 くしゃくしゃのジンバブエ・ドル握りしめ少女は貝を思って泣いた
030:牛
 食べられる花は散らされ 白妙の富士に見立てた牛乳プリン
031:てっぺん
 もういちどあのてっぺんをやりなおす かじかむ指を握りなおして
032:世界
 あたらしい歯医者の指を待っている世界時計のそれぞれの針
033:冠
 新月のミルク・クラウン高らかに儚きゆめの冠がある
034:序
 掌の砂糖を蟻に分け与え秩序の淡海の葦群にひとり
035:ロンドン
 探偵が犯人を追い詰めるときくしゃくしゃにしたロンドンの地図
036:意図
 神さびた茅葺屋根の集落にすべての意図は繋がっていた
037:藤
 花札の藤のむらさき枝垂れたり褪せ擦りきれし座布団のうえ
038:→
 ↓→P(はどうけん)→↓P(しょうりゅうけん)を繰り出してきみの寝相と戦っている
039:広
 あなただけなにも失うこともなく広域地図の一点に住む
040:すみれ
 旧暦の手帳に挟むすみれ草 春にやさしい折りぐせはあり
041:越
 室内に差す日は淡い 鈴虫を越冬させる人の横顔
042:クリック
 古文書の23巻 神の名をクリックすれば天国へリンク!
043:係
 遠足のあさの四角い重箱に係り結びをただしくむすぶ
044:わさび
 埋まらない差異と思えば苦ばしるわさび醤油を箸先で溶く
045:幕
 弾幕の雨が小やみになったのであなたはそっと傘をたたんだ
046:常識
 常識の辞書をほどけば缶詰のみかんの混じるポテトサラダよ
047:警
 警告が2度放たれたのちの凪 違う言語で短く祈る
048:逢
 逢うまでに考えていた言い訳を言いつくしただ立ちすくんでた
049:ソムリエ
 月光が金のヴェールをかける夜にソムリエールはグラスを磨く
050:災
 蟲籠に災いたちを封じこめヘッドロココのシールを貼った
051:言い訳
052:縄
053:妊娠
054:首
055:式
056:アドレス
057:縁
058:魔法
059:済
060:引退
061:ピンク
062:坂
063:ゆらり
064:宮
065:選挙
066:角
067:フルート
068:秋刀魚
069:隅
070:CD
071:痩
072:瀬戸
073:マスク
074:肩
075:おまけ
076:住
077:屑
078:アンコール
079:恥
080:午後
081:早
082:源
083:憂鬱
084:河
085:クリスマス
086:符
087:気分
088:編
089:テスト
090:長
091:冬
092:夕焼け
093:鼻
094:彼方
095:卓
096:マイナス
097:断
098:電気
099:戻
100:好
100首  2009.12.31
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url » http://aisys.blog97.fc2.com/tb.php/313-948b1ac3

プロフィール

一ノ関 藍子 (A.I)

Author:一ノ関 藍子 (A.I)
短歌を詠んでいます。
同人「歌クテル」はおやすみ中です。

あたらしいパソコンを購入したので、
たまには更新しようかなぁ、と思っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。