スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  --.--.--

完走報告

CoM3 TrB0
題詠blog2007』完走いたしました。
題詠の苦手な自分としては、修行のような気持ちで走り続けてまいりました。後半はかなり苦しかったです。
普段使わないことばを詠み込む、いい機会だったと思います。


題詠ブログとは、100のお題を詠み込んで短歌を作り、親記事にトラックバックしていく短歌のイベントです。五十嵐きよみさんが主催されています。五十嵐さん、ありがとうございました!
もし来年も開催されましたら、そのときはまた、ぜひ参加したいと思っています。
スポンサーサイト
題詠2007  2007.10.31

100:終(A.I)

CoM0 TrB0
ケータイを振れば電波は通じると信じてる子供たちの終末
題詠2007  2007.10.31

099:茶(A.I)

CoM0 TrB0
茶話ひとつ短いうたを添えて出す五蓮金花の開きゆくまで
題詠2007  2007.10.31

098:ベッド(A.I)

CoM0 TrB0
さようなら 旅人たちにあたたかなベッドが約束されますように
題詠2007  2007.10.31

097:話(A.I)

CoM0 TrB0
このドアがいつか神話になる日まで眠り続ける金色の鍵
題詠2007  2007.10.31

096:模様(A.I)

CoM0 TrB0
塗り替えたばかりの壁に靴跡が模様となって空へとつづく
題詠2007  2007.10.31

095:裏(A.I)

CoM0 TrB0
ジャケットの裏地にピンで留められた揚羽の闇のもがく苦しみ
題詠2007  2007.10.31

094:社会(A.I)

CoM0 TrB0
はみだした肉を鑢で削りあげ社会の靴に押し込める朝
題詠2007  2007.10.31

093:祝(A.I)

CoM0 TrB0
よく晴れた初夏の日差しを花束を祝福をいま、旅立つきみに
題詠2007  2007.10.31

092:ホテル(A.I)

CoM0 TrB0
白線の内側で守られてる人とホテル暮しの長さを競う
題詠2007  2007.10.31

091:命(A.I)

CoM0 TrB0
いきものの繭を煮出して糸をとる 命は草の露に染められ
題詠2007  2007.10.31

090:質問(A.I)

CoM0 TrB0
寿司折と質問状を携えてさくらばな咲く古墳の丘へ
題詠2007  2007.10.30

089:こころ(A.I)

CoM0 TrB0
つぎはぎの肌か肌着か 目に見えぬこころが綺麗ならそれでいい
題詠2007  2007.10.30

088:暗(A.I)

CoM0 TrB0
抒情詩が雨の気配を予言する冬の午後 闇 温室の百合
題詠2007  2007.10.30

087:テープ(A.I)

CoM0 TrB0
さらさらとビニールテープ縦に裂きひかり銀河にさらわれてゆく
題詠2007  2007.10.30

086:石(A.I)

CoM0 TrB0
墓石に座って文字を彫る人と缶コーヒーを回し飲みする
題詠2007  2007.10.30

085:きざし(A.I)

CoM0 TrB0
青嵐のきざし吹き荒れ 痩せた背に浮かぶ肩甲骨の感触
題詠2007  2007.10.26

084:退屈(A.I)

CoM0 TrB0
退屈にまみれてふたり 内装は白で統一している部屋で
題詠2007  2007.10.26

083:筒(A.I)

CoM0 TrB0
あなたへの想い滲ませ封筒にワイン注げば糊代苦し
題詠2007  2007.10.26

082:サイレン(A.I)

CoM0 TrB0
人波に逆らって午後 西へ向かうサイレン・カーを見送っている
題詠2007  2007.10.25

081:露(A.I)

CoM0 TrB0
朝露を集めて醸す酒のごと手に入れがたき恋ひとつあり
題詠2007  2007.10.25

080:富士(A.I)

CoM0 TrB0
クレパスに水彩絵の具滲ませて車窓に富士の高嶺を仰げば
題詠2007  2007.10.25

079:塔(A.I)

CoM0 TrB0
ポスト鳴る まだほの暗い街を背に給水塔が生み出した蝕
題詠2007  2007.10.25

078:経(A.I)

CoM0 TrB0
口の周りを燐粉まみれにさせながら経済白書をがなる蟷螂
題詠2007  2007.10.25

077:写真(A.I)

CoM0 TrB0
写真館だった建物 この街が遺跡になる日までのたそがれ
題詠2007  2007.10.25

076:まぶた(A.I)

CoM0 TrB0
ぽとぽととまぶたを叩く音がして窓のそとには冬がきていた
題詠2007  2007.10.24

プロフィール

一ノ関 藍子 (A.I)

Author:一ノ関 藍子 (A.I)
短歌を詠んでいます。
同人「歌クテル」はおやすみ中です。

あたらしいパソコンを購入したので、
たまには更新しようかなぁ、と思っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。