スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  --.--.--

075:鳥(A.I)

CoM0 TrB0
恋文を鳥目の鳥に結びつけ月が明るい夜に放てば
スポンサーサイト
題詠2007  2007.09.26

074:英語(A.I)

CoM0 TrB0
行き倒れた旅人のため重箱に英語を詰めて売りにゆきます
題詠2007  2007.09.26

073:像(A.I)

CoM0 TrB0
時計から正午を告げに飛び立った偶像でない鳩たちの群れ
題詠2007  2007.09.26

072:リモコン(A.I)

CoM0 TrB0
リモコンの電波飛び交う戦場でおにぎりだけがアナログのまま
題詠2007  2007.09.21

071:鉄(A.I)

CoM0 TrB0
雨脚は強まるばかり 革靴を鉄鍋で煮る老婆が笑う
題詠2007  2007.09.21

070:神(A.I)

CoM0 TrB0
影を生む木々、ビル、光、秋の風、信号の赤、歴史、神さま…
題詠2007  2007.09.20

069:卒業(A.I)

CoM0 TrB0
閉店の音楽が鳴り 少年を卒業すべき時間だと知る
題詠2007  2007.09.20

068:杉(A.I)

CoM0 TrB0
まっすぐな影を生み出す杉林に閉じ込められた旅人の旅
題詠2007  2007.09.20

067:夕立(A.I)

CoM0 TrB0
夕立に飽和していた悲しみは濾過しきれずに街に溢れた
題詠2007  2007.09.20

066:切(A.I)

CoM0 TrB0
真夜中の切符売り場に月の影 猫に鋏を入れたのは誰?
題詠2007  2007.09.20

065:大阪(A.I)

CoM0 TrB0
大阪を不問にするとしてもなお眩しきものに影は寄り添う
題詠2007  2007.09.20

064:ピアノ(A.I)

CoM0 TrB0
クレーンでロココ調家具吊り上げて 私はピアノに乗ってゆきたい
題詠2007  2007.09.14

063:浜(A.I)

CoM0 TrB0
浜風に弄られし髪うしろ手でざっくり束ねトラックの窓
題詠2007  2007.09.14

062:乾杯(A.I)

CoM0 TrB0
乾杯は軽めの酒で 駆け引きは甘めの嘘で 落としてあげる
題詠2007  2007.09.11

061:論(A.I)

CoM0 TrB0
上弦の月に諭され帰り道 子猫を拾うのをあきらめる
題詠2007  2007.09.11

060:キス(A.I)

CoM0 TrB0
キスを待つような心地で鏡台の向こうの我は目を閉じるのか
題詠2007  2007.09.11

059:ひらがな(A.I)

CoM0 TrB0
ひらがなのとぎれとぎれの告白はしずかのうみの波にさらわれ
題詠2007  2007.09.04

058:鐘(A.I)

CoM0 TrB0
未届けの妻と書類に記すとき市役所の鐘正午を告げる
題詠2007  2007.09.04

プロフィール

一ノ関 藍子 (A.I)

Author:一ノ関 藍子 (A.I)
短歌を詠んでいます。
同人「歌クテル」はおやすみ中です。

あたらしいパソコンを購入したので、
たまには更新しようかなぁ、と思っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。